介護福祉士 佐々木

選んだ理由?

身体が不自由で入退院を繰り返していた祖父母と一緒に暮らす中で、福祉職を志しました。高齢者施設への就職も考えていましたが、入退院の多い急性期病院で、多くの患者さんのケースに関わることができること、他職種間での連携が充実していることで、違った視点、新たな知識を学べることに魅力を感じたこと、目標であった資格所得に向けての環境と支援が整っていたこと等が決めてとなり志望しました。

介護福祉士 佐々木
介護福祉士 佐々木

どんな環境?

経験の浅いスタッフからベテランスタッフ年齢も様々ですが、キャリアや職種に関係なく、とにかく明るい雰囲気でチームワークも良好であり、看護師、介護福祉士それぞれの専門性を発揮できる環境であると実感します。いつも目を向けていただき、相談・助言に乗っていただいている先輩方、共に刺激し合える同期の存在が、自分の最大限の能力を引き出してくれているとともに、心の支えになっています。

やりがいは?

患者さんへのケアや病棟での訓練を通して、例えば「食事が摂れるようになった。」「短い距離を歩けるようになった。」など、困難であったことが出来るようになった時にはやりがいを感じられますし、小さいことでも患者さんからは大きな一歩でもあることなので、その瞬間に携わることへの充実感は大きいです。そして何より、シンプルに「ありがとう」と感謝の言葉をかけていただくことに喜びを感じています。

介護福祉士 佐々木
主任 吉田

佐々木さんはどんな人?

心が優しくスタッフはもちろん患者さんからとても信頼されています。介護士としての知識・技術を日々駆使し、安全で安心できる入院環境の提供、そして野球で鍛えた強靱な体、と“心・技・体”の3拍子が揃ったとても頼れるスタッフです。また、勉強熱心さを評価され、今年度から専門学校の講師としても活躍中です。そんな“できるやつ”なのですが、謙虚な性格で3病棟の人気者です。

看護師主任 吉田 クミ

メッセージ

介護福祉士を目指す学生さんは、高齢者施設での実習がメインであり、医療現場である急性期病院では、どのような仕事をするのか?と疑問に感じる方が多いのではと思います。

 当院は高齢者の患者さんが多いので、施設に近い環境で仕事をすることが出来、入職してから1年間のプリセプター制度、定期の研修や勉強会等、教育体制も整っています。是非、私たちと一緒に働きましょう!